KENSHIのブログ VitaminR2

コンサルタント・デザイナーとして活動中、内田憲志によるブログ。
 
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
NEW ENTRIES
MOBILE
qrcode
OTHERS
みちのくひとり旅 3日目

 

快晴の松島ー。

めちゃくちゃ人が多いー。

 

 

 

瑞巌寺。

 

 

 

透かし橋を渡っていく五大堂。

 

 

 

福浦橋。

ここも含めて松島エリアはいっぱい歩くから

良い運動になるぞ。

 

 

 

政宗仕様のバリアか。

宮城県ならでは、だね。

 

 

以上、みちのくひとり旅から

帰って参りました。

 

ホントはあと2日ほど、

ゆっくり東北を満喫したいと思うんだけど、

「仕事残のプレッシャー」があると、

思い切って休暇を取れない私( ;∀;)

明日からちゃんと仕事をしまーす。

| - | 22:32 | - | - | -
みちのくひとり旅 2日目

 

昨日、石巻駅前に着いて、

街中をブラブラと散策。

そこで見かけたのがこの電柱。

 

「津波による実績浸水深2.0m」

 

2mって怖いなぁ。

今いる場所がどういうところなのか

再認識したよ。

 

 

さて、今日は北上してきたぞ。

 

 

津山町で。

津山と言っても岡山じゃないよー。

宮城県登米市。

新緑が美しい一般道をノンビリクルーズ♪

 

 

 

三陸の海ものどかで良い眺め☆。

しかし、道路には至る所に

「過去の津波で浸水した場所」という表示があり、

ちょっと緊張感が走る。

 

 

 

やってきました。

陸前高田市にある、あの有名な「奇跡の一本松」。

東日本大震災を後世に伝えるこのモニュメントは、

一度枯れ死した松の木を可能な限り保存処理、

そして枝葉等はレプリカ作製したものだ。

 

 

 

その大きさに驚く。デカい!

大勢の観光客で賑わっていたぞ。

駐車場から1kmほど?歩くんだけど、

歩道が“仮設”なのね。

そのエリアが今まさに、復興に向けて

工事が進行中ってことなんだな、と実感。

 

 

陸地に目を向けると、広大な更地。

壮大なスケールだが、

その分、あの日の被害の大きさを物語る。

 

 

賑やかな街並みは、盛土で新しく造成された

高台に移っている。

ショッピングモール、ガソリンスタンド、

コンビニ、公園ができていた。

 

 

 

三陸の海岸沿いを走っていると

超巨大な防潮堤や橋げたが各地で建設中。

そのスケール、すごいね。

道路も新しいところが多いから、

カーナビはあまりあてにならない。

常に進行方向をイメージしながら

慎重に車を走らせたよ。

 

震災、津波という天災ってホントに怖い、

と強く思うと共に、復興が進む様子を見て

人類の知恵、技術力というのもホントすごい!

と思ったぞ。

 

 

 

・・・

 

 

 

続いて訪れたのは、

3月に開館したばかりの

気仙沼市 東日本大震災遺構 伝承館」だ。

 

 

元々、気仙沼向洋高校だったらしい。

震災の記憶と教訓を後世に伝える「見える証」。

あの日、4階まで津波が押し寄せており

その時の惨状が生々しく残されている。

 

 

 

ここ、3階だよ。

襲来した津波って想像を絶する大きさだ。

 

 

 

屋上から体育館を眺める。

屋根が流されてしまっている。

 

 

 

4階から海を眺める。

あの日、ここまで津波が襲来したなんて

ホント、信じられないぐらい高い場所だ。

 

 

 

今日は、各地の震災遺構を訪ねながらも

快晴で美しい景色の三陸ドライブを楽しんだよ♪

 

 

今回の旅の相棒はパジェロだ。

さて明日はどうするかな?

| - | 22:55 | - | - | -
みちのくひとり旅

みちのくひとり旅、

スタートは福島県の楢葉町から。

 

楢葉町…、ならはまち…、聞いたコトあるでしょ?

福島原発の作業員の皆さんが拠点としていた

あのJビレッジがあるところだ。

 

 

Jビレッジは、今年になって全面再開!

福島復興のひとつのシンボルにもなっている。

初めてだったので、少しだけ立ち寄ってみた。

 

 

からの、今日のひとつ目の目的地がココ!

 

 

オールドカーセンタークダンだ。

 

実はJビレッジのスグ近くにある。

歩いても余裕。それぐらい近い。

実は先日、知人がFacebookで

ここの情報をシェアしてくれたので知ることができた。

それで、場所的にもちょうどいいってことで

訪問してきたぞ。

 

 

個人で開設しているミュージアム。

館長さんかな?

気さくに話しかけてくれて楽しく車談議。

缶コーヒーをくれるし、お見送りまで丁寧にしてくれた。

車談議をしたい人は訪れると良いと思うよ。

 

なかなか濃いwラインナップは

ホームページで確認できる。

アメ車も充実していて、

アメ車好きの私としてはたまらんですわw

 

 

 

大好きなリンカーン・コンチネンタル!

カッケぇなぁ、欲しいなぁ、乗りてぇなぁ。

 

実は、私をアメ車好きにしたのがこの車なんだ。

と言うのも、このトミカを叔母さんから

お土産で頂いたことがあってね。

その威風堂々としたフォルムに圧倒されたんだ。

「アメ車ってすっげぇ」と。

ホント、それ以来だと思うんだ、

アメ車に憧れるようになったのは。

叔母さんには感謝だ。

 

 

もう1台、私のハートを射抜いたのが

ベルエアのワゴン。

 

 

もう60年以上前の車だけど、

やっぱアメ車って先進的だったのね。

それが良く分かる。

それにしてもこのスタイリング、インテリア、

共にカッコ良すぎ!

きっと、今の日本の若者たちもそう思うハズ。

我を忘れてしばし見とれてしまったわ。

 

楽しいひと時をありがとうございました。

また行きましょう。

 

 

 

・・・

 

 

 

さてさて、実は今日はもう一ヶ所、

訪ねたいところがあってね。

楢葉町を発って、宮城県は山元町へ向かう。

 

 

途中、帰還困難区域を通過した。

その前後の道中は、人の生活が感じられて

商業施設も活気があるように見受けられたが、

帰還困難区域に入った瞬間、様子が一変する。

 

 

ドラレコ映像から。

道中は駐停車禁止。

この6号線以外、道という道は全てバリケードで封鎖。

巡回しているパトカーとすれ違った。

建物は朽ちているものが少なくなかったし、

草はぼうぼう。

不本意ながら廃車になった車も数多くあったし、

震災時そのままというコンビニもあった。

車の通行が可能になって5年ほどになるのだが、

相変わらずバイク、自転車、歩行者はNG。

それだけ厳しい状況に未だあるということだ。

Jビレッジのようにおめでたいニュースもあるけど、

厳しい現実を突きつけられて、悲しい気分になった。

 

さらには、ここを通過してからは

「津波浸水地域」という表示が多くなった。

緊張するのか、深呼吸が多くなったぞ。

 

 

 

・・・

 

 

 

そして目的地に到着。

新しくなった常磐線山元駅のまん前にオープンした

「やまもと夢いちごの郷」内の敷地内に

津波で被災したハーレーを2台展示している、

「TSUNAMIハーレー展示館」。

 

 

実はこれを手掛けたのが、

仕事でお世話になっている方で、

ここの開館を知って、見に行きたかったんだ。

 

展示してあるのは、

津波被害に遭い、がれきの中から発見された

ハーレーダビッドソンだ。

 

 

 

ハーレー乗りにとっては

ツーリングで立ち寄るスポットになっているみたいで、

今日も大勢のハーレーが訪れていた。

 

 

震災、津波の恐ろしさを

いつまでも忘れず後世に伝えていくコト、

そして平和な日々に感謝しながら生きていくコト、

そんなことを教えてくれる「TSUNAMIハーレー」を

皆さんも見て下さいネ。

場所はホントに坂元駅のまん前なんで分かりやすいと思うよ!

 

 

からの石巻まで来たよー。

石巻で見たコトはまた別の機会に紹介しよう。

明日は震災遺構を訪ねようと思う。

| - | 20:38 | - | - | -
マイ○○グルメを選出!?

さあ、いよいよ令和に改元されましたな。

 

一応昨夜は、TVでカウントダウンを見て、

その瞬間を見届けることはできた。

 

プロ野球では何でもかんでも

「平成最後の○○」って記録してたみたいだね。

最後のホームランはバティスタ選手か。

 

実は私も、昨日のブログの投稿が終わってから

「平成最後に何かをしなきゃ」

そんな気分になってしまって…。

 

 

そこで、自分にとって

「平成を象徴するグルメは何か?」

と自問自答。

その結果、牛丼を「マイ平成グルメ」に選出。

ちなみ次点は、

びっくりドンキーのチーズバーグディッシュw

 

昭和時代は岡山で過ごしていたんだけど

吉野家の牛丼なんて食べたこと無かった。

 

平成になって千葉県に出てきて、

バイトが終わってから、ちょっと遠い吉野家まで

愛車を走らせたもんだ。

「特盛+卵+お新香」これが定番。

ドライブして牛丼喰って、

それが英気を養う自分なりの手段だったのだ。

もちろん、今でも、牛丼店はどこにでもあるから

仕事の合間に食べることがある。

 

平成になって出会い、

今でも変わらず身近なグルメということで

牛丼が「マイ平成グルメ」。

 

だから平成最後の記念に食べてきたよ!

すき家で中盛。

 

 

自分にとっての「平成の味」を

噛みしめて味わってきたぜ♪

 

 

 

・・・

 

 

 

さて、令和初の出費はガソリン代だった。

自分らしいな。

その後、混雑していると知っていながら

コストコにも行った。

やっぱ混んでたwww

 

というわけで、令和の初日はノンビリな。

 

| - | 17:24 | - | - | -
個人的に平成を振り返る

さあ、いよいよこの日が来ましたか。

「平成」最後の日。

 

2019年5月から新元号になる…

というのは、随分と前から分かっていたけど、

その時を迎えるとやっぱり

「あっという間」だね。

 

 

そんなわけで、今日は我なりに

平成の始まりを振り返ってみようか。

 

 

1989年1月7日朝、「昭和天皇 崩御」。

NHKの報道でそれを知る。

母親が涙していたのを覚えている。

 

その日は朝から冬期講習に行っている。

シンヤ君とイズミヤで待ち合せて

「今日は休みにならんのかな」

そんな話をしながら向かった。

しかし、講習は通常通り。

 

「国中が大混乱して、明日から学校は

 しばらく休みになるんかな?」

学生だった当時は、そんなことを思ったが

何のことはない、学校はもちろん、

翌日からも普段通りだったのを覚えている。

 

そうして始まった平成元年。

消費税も始まったね。

車はR32型GT-R、ユーノスロードスター、

セルシオ、レガシィ、Z32が登場したね。

あ、BG型ファミリア、VTECのインテグラもね。

元号が変わって、

車も新時代の到来を告げるような

今でも名車と語り継がれるものが

いっぱい登場したのがその年だ。

 

しかし、私にとって、

車の印象は実はやや薄いんだ。

時々、車雑誌は買ってたけどね。

興味があったのはユーロビート、洋楽。

学ラン、ボンタン、靴他、学校ファッション。

ボーリング、RCにも興味があったな。

 

イロイロと興味はあってもお金無しw

苦しんだわwww

 

そんな平成のスタートから30年。

私が平成中に初めて経験したコトを振り返る。

 

 

1. 学生生活を謳歌

2. 独り暮らし

3. アルバイト

4. 車の運転

5. 車の購入(いっぱい買ったぞw)

6. 納税

7. 結婚

8. 子育て

9. 家の購入

10. 就職

11. 独立

12. TV出演

13. 各種寄稿

14. 飲酒

15. 海外旅行

16. サーキット走行

17. パソコン操作

18. セミナー講師

19. イラストレーター

20. 花粉症

21. 急性アルコール中毒で救急搬送

22. インフルエンザ

23. スピード違反で免許停止

24. 自転車で旅

25. 自損事故

26. サーフィン

27. 車中泊の旅

28. スキー

29. キャッシング(一度だけ!)

30. キャッシュレス決済

31. ローンで買い物

32. 天皇陛下退位に伴う元号の終焉

 

 

最後の方は「何それ」ってのもあるなwww

他にもイロイロ&イッパイあるんだけど、

こうして振り返って見ると、個人的には

大きなケガや病気をすることも無く、

健康に過ごせたので

楽しい思い出の方が圧倒的に多いかな。

 

 

ただ、平成の30年間を振り返って、

最も記憶に残っているのは「震災」だ。

阪神淡路大震災、新潟中越地震、

能登半島地震、東日本大震災、熊本地震、

ホント、いくつもの震災が

日本各地を襲ったのだが、その多くが

自分にとって他人事じゃないような、

何かしらかかわりがあったこともあって、

強く記憶に残ることになった。

 

 

さあ明日から「令和」。

これまで以上に、精力的に活動していく所存だ。

| - | 14:45 | - | - | -
シミジミ思う

今日、歩いていて道を尋ねられた。

 

都内では、外国人にはよく道を聞かれるんだけど、

今日は車に乗った日本人親子。

 

 

なんかめっちゃ久しぶりだなー、

日本人に道を聞かれるのって。

しかも車に乗っている人からだよ!

昔はよくあったことだけどね。

シミジミ思う。

 

 

今日は、平成31年4月29日。

これだけ、カーナビやスマホが普及している時代。

道を尋ねることなんて

自分の場合はまずないもんね。

 

 

見知らぬ人と「ありがとうございます」

「どう致しまして」という会話があるのは

心地良いもんだ。

スマホをはじめとする“文明の利器”は

そういう機会も減らしているんだよなぁ、

とシミジミ思ったわ。

 

 

| - | 17:01 | - | - | -
今日のオドロキ

この看板、手描きだ!

今の時代に手描きか。驚いたぞ。

 

 

しかも額縁入りで

ガラス板で覆われている豪華仕様。

 

 

この看板も同様。

 

出力、印刷ではなく手描き。

平成がもうすぐ終わる現代にあって

昭和な味わいが良いのぉ。

 

 

 

・・・

 

 

 

夜はサバ。

刺身、タタキなんかをたらふく食べた。

美味しかったぞ。

 

 

しかし!お会計を見てびっくりしたw

めちゃ高いやんwww

 

でもまた食べたい♪

気の合う人との食事は楽しいな☆

| - | 23:46 | - | - | -
異業種の仲間と飲む

今夜は、昨年通った自動車教習所で

出会った仲間と飲み会。

 

仕事も年齢も違う友達って

大人になると貴重だ。

 

ふざけた話で大盛り上がりwしたんだけど

やっぱ、「こういうビジネスを起こすか」

そんな話にもなるから楽しい。

業種が違う人が集まれば、

色々な視点から議論できるからね。

 

 

ではまた飲もうぜ!

 

 

| - | 23:13 | - | - | -
今日も車の話題×2

今日も自動車業界が騒がしい!?

 

 

マークXの年内で販売終了されることが

正式にアナウンスされた。

 

併せて、250Sをベースにした特別仕様車、

「ファイナルエディション」が登場。

マークXのサイトも、歴代モデルを振り返るなど

「さよならマークX」ムードになっている。

 

 

このブログでも、何度か触れた現行型マークX。

私が個人的に気になっていた1台だからね。

 

ついにその時が来たかぁ。

 

私にとってマーク2、マークXで

一番思い出に残っているのは、3代目、4代目かな。

「ええ車(高級車)じゃな」と子供心に感じていて、

実家に車が無かった分、より強い憧れを抱いたものだ。

車販売に携わるようになってからは、

4代目が解体で入庫する度に胸を痛めたもんだ。

 

マーク2は、今になって本当に思うのは

幼少期から憧れの車だったってこと。

そして大人になっても、「いつか乗るかも」

そんな気持ちでマークXを見ていたのかもしれない。

 

売った台数が多いのは、おそらく7代目。

7代目の「マーク ザ マーク2」のCMフレーズが懐かしい。

ツアラーVに柿本改やHKSのマフラーを付けて

2JZターボエンジンを高回転まで回した時の音が良かった!

6代目は、5MTスワップ仕様を何台か作ったなー。

 

懐かしい。

 

これからもマーク2、マークXのことは好きだぞ。

 

 

 

・・・

 

 

 

マニアが喰らいついているのはこっちの話題なw

 

 

新登場の「マツダ教習車」。

日本未発売、デミオのセダン仕様が教習車に!

6MTも設定される。

ベクタリングコントロールも付くのか。

価格は思いの外、高いのね。

 

マツダの教習車と言えば、アクセラベースだったが、

時期アクセラがデカく、高くなるんだろうな、きっと。

それでコレってわけか。

| - | 15:11 | - | - | -
どうしても触れておきたいこと(笑)

昨日は、「パジェロ、国内販売終了」が

各種メディアで取り上げられたのだが、

もうひとつ、マニアの間で?

話題をさらった自動車業界のニュースがあった。

 

「マツダ、ボンゴブローニイバンを発売」

 

トヨタ ハイエースのOEM車を

来月からマツダで販売するんだと。

ボンゴブローニイって、懐かしい響きだなー。

もう販売中止から9年が経ってたんだね。

古臭いデザイン、小径ダブルタイヤ等

個性的なフォルムに強烈な印象が残っている。

それが、ハイエースそのまんまで復活とは。

 

早く街中で走っているところを見たいもんだ。

「あっ、ブローニイ!」ってね(笑)。

 

 

 

・・・

 

 

 

先週末だったと思うけど

深夜、あるTV番組で、

「プロ野球 平成のベストナイン」を

選定しているのを見たのね。

ま、それはそれでナットクできる

選出だったんだけど、私も私なりに

「平成のベストナイン+1軍登録メンバー」を

考えてみたぞ。

 

 

私は野球は好きだが、それほど詳しくない。

だから、詳細なデータとか一切無視して

 

「平成の間にピークがあった選手」

 → 昭和時代がピークだった選手は除外した

「強烈なインパクトがある選手」

「自分が目指す野球のスタイルに合う選手」

「外国人枠は現行にならう」

 

そういう独断と偏見?のチョイスだから、

異論があっても受け付けませんからね(笑)。

 

あの投手は、確かに偉大なんだけど

荒れ球で球数も多い印象があるから外したし、

あの大打者も、実績もインパクトも

申し分ないんだけど、あの時も

アレをやってたのかな?

と思ってしまったので外した。

 

 

選出に際し、色々と考えたよ。

試合の展開をあれこれ想定したり、

一応先発ローテも組んでみたり、

そんなことで選んだのがこの1軍メンバーだ。

 

私にとって平成ナンバーワン選手は

ジャイアンツの斎藤雅樹投手かな。

「投げれば勝つ」という絶対的なエース。

すごい投手だと思った。

 

というわけで、これが

私が選んだ「平成ベストナイン」です!

| - | 13:44 | - | - | -