KENSHIのブログ VitaminR2

コンサルタント・デザイナーとして活動中、内田憲志によるブログ。
 
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
NEW ENTRIES
MOBILE
qrcode
OTHERS
<< NIGATE | main | 閃かない >>
価格高騰を嘆く

時々、ネット上でニュースになるのが

「日本のスポーツカー中古車の価格高騰」。

生産から25年経過した車は米国に行っちゃうってアレ。

 

その代表格がR32型スカイラインGT-R。

 

 

確かに、今は高いよなー。

20年前に販売していた頃よりも高い。

めちゃくちゃ高い。

 

 

 

んま、昔のスカイラインは軒並み、

どれも高騰しているよね。

R34型GT-Rなんて、1千万を切っていたら

安く感じてしまうわ、ホントw

 

 

ハコスカGT-Rの価格は、20年前の4〜5倍ぐらい(涙)。

標準GT系まで1千万円級も珍しくない。

欲しくなっても買えないわ。

 

 

 

ケンメリもな。

 

 

GT-Rは20年前でもとんでもない高値だったけど、

今では、トヨタ2000GTに次ぐレベルじゃね?

これまた標準のGTまで高値で買えない。

21年前に買ったことがあるけど、

ホント、一度でも愛車にできて良かったぜ。

 

 

 

ジャパンもな。

 

 

ハコスカ、ケンメリと比べて旧車としては人気がイマイチ、

中途半端な印象があったが、もう40年選手。

今となってはGT系の価格が高騰!

もう手が届かない存在になっている。

 

 

 

私が一番好きな車、R31型スカイラインも

高くなったよな、ホント。

 

 

クーペのGTS系で、程度が良いと300万円級。

そこそこでも200万円級だもんな。

22年前に、クーペGTSターボ、5MTの前期型を39万円、

同後期型を69万円で販売していたのが

信じられんよ(滝涙)。

 

 

 

そんな感じで、歴代スカイラインの中古車が

軒並み高騰している中、絶対的には高いんだけど

予想、イメージに反して

「意外と安い?」と思えてしまうのがR30型だ。

 

 

昔から中古車が高いイメージだからね。

まあまあ“良さげ”な物件が、

RSシリーズでも200万円程度であるんだよねぇ。

当然、L型を積んだGT系の方が安価な傾向にある。

 

高いよ、はい、もちろん高いよ。

でも、ずーっとR30型って「高い」イメージ。

だから「安く」思えてならんのです(笑)。

 

| - | 09:45 | - | - | -