KENSHIのブログ VitaminR2

コンサルタント・デザイナーとして活動中、内田憲志によるブログ。
 
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
NEW ENTRIES
MOBILE
qrcode
OTHERS
<< ハイカロリー3日目(今日で終わりにしたい!?) | main | 11年目にしてようやくデビュー!? >>
3日間乗ったけど、馴染めなかった

先ほど、出張から帰還。

今回の出張先では、訪問する拠点が

5ヶ所もあったので、移動用に車を借りたのだが、

それがホンダ シャトルハイブリッドだった。

 

 

ハイブリッドだと、CVTじゃなくて

7速DCTになるんだよね。

シフトレバーは、プリウスなどでも見られる

あのよく分からないタイプ(苦笑)。

 

率直な感想としては

レバー+ボタンで「操作しにくい」。

 

『Pボタン』があるのだが、

それは電気式のパーキングブレーキではない。

ATにある『Pレンジ』と同じこと。

トランスミッションを機械的に

ロックするボタンだ。

因みにシャトルのパーキングブレーキは

足踏み式だった。

 

何故ハイブリッドだと、

あのシフトになるのだろうか?

運転に不慣れな人にとって

かなり慣れに時間を要する気がするぞ。

 

「今、○○レンジにシフトを入れた」

という実感が無い=操作感が希薄、

不安にもなる。

シフトレバーを見ても、触れても

どのレンジに入っているのか分からないんだ。

確認はメーターパネルになる。

何気無くシフトレバーに手をやると

強力なエンジンブレーキが掛かる

『Lレンジ』に入ってしまうのも怖いぞ。

 

不安があると、そこに気を使うから

その分、安全確認等への意識配分が減ってしまう。

 

んま、メーカーの人がよく考えて

あのシフトを採用しているのだろうけど

私にはどうも馴染めない。

高齢者他、運転に不安がある人にも

勧めるのを少し躊躇しちゃうかも。

| - | 23:13 | - | - | -