KENSHIのブログ VitaminR2

コンサルタント・デザイナーとして活動中、内田憲志によるブログ。
 
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
NEW ENTRIES
MOBILE
qrcode
OTHERS
<< 千葉の歴史探索 | main | あくまでも勝手な妄想w >>
あのニュースに思うコト

「自動車税は走行距離に応じて課税を検討」のニュース。

 

既に報道されているからご存知の人も多いと思う。

 

車の購入、維持にかかる税金が多いから

即刻改めるべき!という意見は皆共通。

「改める=大幅に減らしてもらいたい…」

これが車を買いたい人、所有している人、

そして売る人にとっても、切実な願いだ。

 

 

 

 

そこに今回の「走行距離に応じて…」の話。

 

 

実は以前、自動車税納付書が届いた時に

「自動車税も保険みたく走る分だけになれば良いのに」

と、冗談っぽく某SNSでつぶやいた私。

あの時は、ほとんど乗らないE90カローラの

自動車税納付書を見て、ホントそう思ったものだ(笑)

 

 

でも現実は、多くの人が「それはおかしい!」と思うのは必然。

 

真っ先に思うのは北海道をはじめ、

車が欠かせない地方の経済を直撃するってこと。

 

それから、車を事業に用いる

運送業、旅客業、レンタカーはどうすんだ?ってことね。

 

 

自分が身を置く車販売、整備業界で考えてみても、

イロイロと問題が出てくるぞ。

 

例えばね、納車されたばかりの中古車に

不具合が生じたとするでしょ?

お客様から連絡を受けた販売店は

来店してもらうことをお願いする。

お客様は「走行距離が増えるからイヤだ!」

と怒りが増幅。

販売店が積載車で引き取り。

 

ありそうね(苦笑)。

でも、走行距離をGPSで監視、管理されたら、

積載車に載っている車はどうなるんだろ?

そんな疑問もある。

 

 

「調子悪い」

点検での試走も許さないお客様がいるかもなー。

 

買取査定も、自宅への出張が増えそうだなー。

 

遠出したいと思ったら、

車検代車を借りている時にするお客様が現れるかもなー。

 

遠方の中古車を見に行く気が失せる人もいるかもなー。

 

 

 

「自動車税は走行距離に応じて課税」が

現実になったら一体どうなるのか?

 

| - | 10:12 | - | - | -