KENSHIのブログ VitaminR2

コンサルタント・デザイナーとして活動中、内田憲志によるブログ。
 
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
NEW ENTRIES
MOBILE
qrcode
OTHERS
<< 菊十銭アルミ貨 | main | 金沢へ >>
高校野球

高校野球、夏の甲子園への出場校が

一部の地域を除いてほぼ出揃った。

 

このニュースを目の当たりにすると、

毎年、7月の終わりを痛感し、

「今年の夏も仕事に追われて遊んでない」と

無用な焦りを覚える(笑)。

 

やっぱ昔の感覚で、夏はいっぱい遊びたい!と

思うのは、気持ちが若い証拠かな?

 

でも、ありがたいことに、

8月もゆっくりしている間はないな。

働こうっと(泣笑)。

 

 

さて、我が千葉県は・・・いや、岡山県は・・・。

千葉県在住期間の方が長くなったが、

興味が向くのはやっぱり岡山県か。

 

おかやま山陽高校が代表に決まった。

 

???

 

私が岡山にいる時には聞いたことがない名前だ。

山陽高校なら知っているが、

どうやらいつの間にか校名を変えていたらしい。

 

岡山代表として堂々とプレーして下さい。

 

 

 

ところで、その高校野球の地方大会を報じる各メディアの論調は

「たった一枚の甲子園の切符を掛けた戦い」。

そこで思うんだが、そういう感覚で戦っているのは

ごく一部の高校だろう。

 

大半は、メディアに注目されることも無く負け去るのだが、

それぞれの高校にドラマがある。甲子園大会の“予選”ではない。

参加している全ての高校にとって、県大会が“大会”なんだよな。

そう思う。

 

高校によっては、部員が足らなくて

出場そのものが目標になるところもあるし、

「とにかく、念願の1回戦を突破!」

そういう思いで全力で1回戦にぶつかってくる

高校もあるはずだ。

また、選手によっては、勝ち負けよりも

誰かのために、感謝の気持ちを込めて

ワンプレーのためだけ出場する、なんてこともあるだろう。

 

3年生にとっては最後の大会になるので、

イロイロな思いで参加している。

だから負けたら泣いている。

甲子園出場が叶わなかったからじゃない。

 

甲子園の切符だけが絶対的な価値じゃないわな。

 

 

最後に。

高校野球を観ていると、昔の感覚・・・

少年の心に戻ってしまうので、選手がみんな年上に見える!

気付けば、1年生は21世紀の平成13年生まれなんだよなぁ。

年月の経過って恐ろしい(笑)。

| - | 23:31 | - | - | -